2019年6月1日(土) 東京地区『術前・術後訪問の基本理解と効果的な訪問のあり方』

2019年6月1日(土) 東京地区『術前・術後訪問の基本理解と効果的な訪問のあり方』

従来の術前訪問は間違っている!!
そもそも術前訪問とは、周術期看護のスタート地点となるものであって、ふ
本来最も重要と考えられなければなりません。
しかし、実際には術中メインとなり、忙しくなったりすればすぐに省略、
もしくは中止となってしまうものとして認識されています。
術前訪問は、患者を理解し、看護過程に基づいた看護実践には
必要不可欠なものです。皆さんはそのような認識をお持ちですか?
ほとんどの手術室看護師は
『術前訪問は重要だ』と思われてないと言わざるを得ないのです。
それは、なぜか?
初対面の患者の観察を行うためには、何を準備し、
どのように行うのでしょう?
そこから従来の術前訪問のあり方自体間違っているのです。
このセミナーで術前訪問がどうあるべきか学んでいただきたいと思います。
個人のスキルアップのため、これから導入を考えておられる施設の方々
すべての方々にお受けいただきたいセミナーです。

プログラム 1.周術期看護の基本的な考え方とは?   
【ポイント】まずは手術を受ける患者さんについて理解する。
    ○ 手術を受ける患者の特性とは?
    ○ 手術室看護師の看護の視点と役割について
    ○ 手術看護における看護師の心構えとモラルについて
    ○ 周術期看護とは?
    ○ 看護過程と周手術期看護について
2.なぜ術前・術後訪問ができないの?どうすればできるの?
【ポイント】術前・術後訪問について何が問題か?具体化する!そして対策は?
    ○ 術前・術後訪問に対する問題点とは?
    ○ どのような対策を講じていくか?
3.術前術後訪問用紙はどう作る?
【ポイント】術前術後訪問も様式次第で効果的なものとなることを理解する!
    ○ 術前術後訪問ではどんな情報が必要なのか?
    ○ 術前術後訪問用紙作成時の注意点
    ○ 周手術期として使用できる術前術後訪問用紙とは?
4.術前訪問。今のままでいいのか?
【ポイント】術前訪問の良し悪しが術中期看護を左右することを理解する!
    ○ 術前訪問の意義とは?
    ○ 術前アセスメントとは?
    ○ 術前検査の必要性と観察ポイントについて
    ○ 術前訪問の方法とポイントについて
    ○ 術前アセスメントと看護計画の立案について
5.術中の術前訪問への生かし方とは?
【ポイント】術前訪問での情報を術中にどう生かすか?を理解しよう!
    ○ 手術室における術前準備について(患者入室まで)
    ○ 術中における看護のポイントについて(手術開始~手術終了まで)
    ○ 術直後の看護のポイントについて(手術終了から~患者退室まで)
6.術後訪問とは?術後評価とは?どう評価し次に繋げるか?
【ポイント】自分の行った看護がどうであったかきっちりと評価しなければいけないことを理解しよう!
    ○ 術後に生かす効果的な申し送り方法とは?
    ○ 術後訪問の方法とポイントについて
    ○ 術後訪問後の評価方法とポイントについて
7.まとめ
8.質疑応答
都道府県 東京都
会場 23区内の交通至便な会場を予定しております。
決まり次第発表させていただきます。
開催日 2019年6月1日(土)
開催時間 10:00~16:00
指導講師 関西看護業務研究会 代表 浦雅司氏
受講料 1人で申込み 9,000円(税込)
2~3人で申込み 1人あたり8,000円(税込)
4名以上で申込み 1人あたり7,000円(税込)

『2019年6月1日(土) 東京地区『術前・術後訪問の基本理解と効果的な訪問のあり方』』へのお申し込み

セミナーの開催決定は、概ね2週間前に行っております。開催決定後の案内送付となりますので、
しばらくお待ちいただきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

本セミナーの日程変更、中止などの場合メールにてご連絡させていただきます。
代表者氏名
(必須)
フリガナ
(必須)
代表者郵便番号
(必須)
代表者住所
(関係書類送付先)
(必須)
代表者メールアドレス
(必須)
代表者電話番号
(必須)
勤務施設名
勤務先住所
勤務先電話番号
参加人数
(必須)
参加者氏名
(全員分必須)
会員登録 希望する希望しない
メッセージ
(聞きたい内容などあればお書きください)

関連記事

キーワードで探す

地域から探す

近日開催セミナー情報

Copyright © KNWS All rights reserved.